お正月の豆知識

2021/12/31


こんにちは!川西院の小森です!

今日はお正月の豆知識をお話しします!

そもそもお正月とは?

日本全国がおめでたい雰囲気に包まれるお正

。お正月ならではのしきたりや準備には、

どのような意味があるのでしょうか?一部分

をお話しさせていただきます。

歳神様をお迎えする期間

正月は、「歳神様(としがみさま)」と呼ば

れる新年の神様がそれぞれの家庭にやってく

るとされる期間です。

正月前になると、多くの家庭が「門松」を飾

ったり「鏡餅」を置いたりしますよね。こう

したお正月にまつわるあれこれは、全て歳神

様をお迎えするための準備です。

そもそも「お正月」とは、「1月」の別の呼び

方であるといわれます。古くは、新年最初の

月をこのように呼んでいました。

しかし近年は、1月全体を「正月」ということ

はほぼありません。現在「正月」というとき

1月1日~3日までの「三が日」7日までの

「松の内」、さらには15日までの「小正月」

の期間を指すのが一般的です。

歳神様とは?

お正月に各家にやってくるといわれる歳神様

は、歳徳神(としとくじん)お正月さま

としこしさまなどと呼ばれることもありま

す。子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わる神様

で、お正月に各家を訪れて1年の幸福をもたら

してくれると言われています。

歳神の「歳」「年」とは、もともと稲の実り

や穀物を司る神様を指す言葉です。稲は農耕

民族である日本人とって、非常に大切な穀物

でした。かつての日本人は新年の始めにその

年の豊穣を願って、穀物の神様に祈りを捧げ

ていたのです。

時を経てお正月は「歳神様をお迎えしてお祀

りするための期間」として広く浸透し、さま

ざまな準備や行事が行われるようになりました。

今回はごく一部をお話させていただきまし

た。

色々な知識を得てお正月を楽しみましょう!

皆様良いお年を!

LINEで送る
Pocket

Copyright(C) 2019 Sunrise All Rights Reserved.