あけましておめでとうございます(^ω^)

2018/01/08

ご訪問ありがとうございます

豊中市のサンライズ鍼灸整骨院です。

新年あけましておめでとうございます(^ω^)
本年もよろしくお願い致します!

こんにちは(^ω^)
サンライズ鍼灸整骨院鍼灸師兼お笑い担当の
矢野修将です(^ω^)

今日は真面目にお水の大切さを皆様に伝えたいと思います。

人間は水なくして生きてはいけません。3日間、水分を補給しなければ死んでしまうといわれています。

スポーツなどせず日常生活をしているだけでも、汗や尿で失われた水分を補給する必要があります。
必要な水分補給量は体重によりますが、目安として1日に2リットル程度といわれています。
暑い季節など、汗を沢山かく時にはそれ以上必要です。

ただし、食事にも水分が含まれており、食事からも水を補給しているため、水分の全てを飲み物から補給する必要はありません。

のどが渇くというのは脱水症状になりかけている事を脳が感じている証です。 この時点で水分を補給しても、発汗により既に失われている水分の60%程度しか補給できないようです。

水分は体内に蓄えられにくいため、一度に大量の水分を補給してもあまり効果はありません。
数回に分けて補給する必要があります。

汗は99%が水で、残りの1%程度はナトリウムと電解質などです。

従って、市販のスポーツドリンクは塩分や糖分が多過ぎます。
水は小腸で吸収されますから、糖分が多いと胃に停留する時間が長くなり内臓に負担をかけます。

ナトリウムや電解質を摂るにはミネラルウォーターの中でも硬水が良いのですが、日本の水は軟水のため、硬水は日本人の身体には慣れなておらず下痢をする人もいます。

ミネラルウォーターを選ぶ際には自分の身体に合ったお水を選ぶように気をつけましょう。

お水の必要性はわかっていただけたでしょうか?

寒い季節お水の量が減ってきてるとは思いますが、1日2ℓを目安に頑張りましょう(^ω^)

LINEで送る
Pocket

Copyright(C) 2019 Sunrise All Rights Reserved.